観光がビジネスを盛り上げる

観光をビジネスに結びつけるといった考え方が大いに盛り上がりを見せてきています。これといった産業がなく、景色などが美しい国では、やはり、観光ビジネスに活路を見いだそうとするのは、ある意味において、当たり前といえるかもしれません。モノやサービスの豊かさに大きな注目が集まっているのは、ある意味において、当然ともいえるでしょう。日本でも、地方山間部においては、主だった産業がないため、観光をビジネスにつなげることでしか、生き残れないとする現実があるのも事実です。

国策にもなっているのが、地方創生の取り組みです。地方を元気にすることで、日本全体の経済を活発化させようとする試みであり、今でも盛んに支持を集めています。グローバルな視点に立った場合、観光をビジネスにして、外貨を稼いでいる国があるのも事実です。多くの旅行者が訪れ、消費をすることで、景気が潤うというものです。

資源や食糧などに乏しい国にとっては、観光を突破口にするしかないというのが本音の部分といえるでしょう。日本においては、高齢化社会の波が容赦なく押し寄せてきています。地方では、過疎化も進んでおり、財政の危機に瀕する自治体の姿が徐々に取り上げられています。むろん、人口構成を考えれば、予測のつくことですが、これだけ急速な高齢化に立ち向かうには、国民一人一人の高い意識と協力が必要不可欠であることは間違いありません。

今一度、よく考えてみることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *