ツアー料金のポイント

海外ツアーを申し込む場合、ツアー料金はよく確認しておきましょう。まず間違いなく、パンフレットやインターネットにツアー料金として大きく表示されている金額だけが実際にかかってくるものではないからです。どのようなものがあるのかを解説しましょう。最近よく話題になるので皆さんも聞いたこともあるのではないかと思われるものが、飛行機の燃油サーチャージです。

飛行機の燃料代は原油価格の変動に伴い変わることと、飛行機の場合その燃料代がバカにならない金額であることから、燃料代がある程度以上高くなった場合にそれに応じて設定されているのが燃油サーチャージです。およそ交通機関において、その移動のために必要な燃料代を、本来の運賃に含めずに別途請求するというのは、例えば新幹線やタクシーなどのことを考えると全く納得行きかねるかもしれませんが、制度ですから仕方がありません。もちろん原油価格の変動にも影響されますが、数万円程度であることが普通です。他には、空港使用料や入国審査料というものがあります。

これも、新幹線で運賃とは別に駅使用料がかかるのか、などのように言われることもありますが、JRの場合とは違って、飛行機の場合はそれを飛ばしている航空会社と空港の運営会社とは別ですし、その意味では入国審査をしているのも当然ながら別ですから、ある意味仕方がありません。値段は数千円程度が普通ですが、空港ごとにかかってきますから、海外での乗り継ぎが多いと金額が多くなることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *