海外ツアーの値段変動

ツアーのパンフレットを見ていると、まったく同じ内容のツアーでも出発日によって大きく値段が変動していることに気づきます。これは、一部は現地の事情もありますが、ほとんどはツアーに参加する日本人、日本国内の事情によるものです。当然ながら海外に行くためには会社や学校がある人は休みのときに行くか、休んで行かなければなりません。ですので、会社や学校が休みのときにはみんな海外に行きたくなり、旅行会社としては多少料金を高くしても売れるから、というのがメインの理由です。

つまり、ゴールデンウィークや夏休み期間中に料金が跳ね上がっているのは、基本的には航空機のチケットや海外のホテルの料金が上がっているのでそれに合わせて仕方なくツアー料金も高くなっているという訳ではなくて、単に旅行会社がここは儲け時だと思って高くしているに過ぎません。ただし、誤解されるといけませんので書いておきますと、最初に述べたようにそういう理由も全くないわけではありません。それはともかく、何だか釈然としませんが物の値段は需要と供給で決まりますから仕方がありません。やはり日本の場合、一年の中で最も高くなるのは夏休み期間、それもお盆の前後あたりです。

それと並んで、4月末から5月初めのゴールデンウィーク期間と、クリスマスからお正月にかけての期間も高い時期です。次いで、これらほどの高さではありませんが、3月の春休みシーズンと、9月中旬ごろの祝日が多い時期が高くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *